top of page
23ロゴ2.png

Corporate Mark&Logo

ロゴ・マークの役割は、社会に存在意義を示すものだと考えます。

従って、人々を共感させる志や夢、新たなロゴ・マークの必要性が明言されていない場合は、納得できる作品は誕生しません。

決めるのは、組織のリーダーです。リーダーの強い導きがロゴやマークに反映されてこそ、オリジナルな作品が完成します。

 

アルファシンクはどうかというと、ロゴ・マークの見た目そのままに『尖ってます。』

ここで、アルファシンクの尖った考えの一例をご紹介します。

鉄工業を営む会社向けに制作したマークです。

ロゴマーク事例.jpg

未来の鉄工業のあり方を模索、挑戦、実践する意思を表す意味で『鉄』を『金』と『先』で構成したマーク案です。

鉄に限らず、金属全般の生産、加工の先駆者を担うというメッセージを表します。イニシャルを使ってデザインするありふれたマークよりも、強い意志を前面に打ち出すという切り口です。

狙いは主にリクルート。

有望な若者が、「夢を抱ける企業だ」と見てくれる、その要望に尖らせた作品です。

アルファシンクとは、『気づき』を意味した名称です。決して奇抜で斬新なものをつくるということではなく、クライアント様も気づかない、在るべき姿を究極に表現することを表しています。

ユーザーに愛され、スタッフのモチベーションとなり、10年・20年と社会的な存在意義を語れるデザインを考えます。

back_edited.png
bottom of page