top of page

TAMIYA Ferrari F310B 制作レビュー


20数年間眠ってた「TAMIYA Ferrari F310B」が、ようやく完成したよ!

制作途中や完成した写真を見ながらレビューします。


今回は、エンジン周りからスタートすることにした。

理由は、

途中で飽きた場合、エンジンだけでもディスプレイすれば良いかってことで…。


金属の質感の違いや、パイピングなど、実写写真を見ながら反映させたいと意気込んでみた。

↓↓↓これが実写。

パイピングを全て再現するのは無理。

↓こっちが完成品

キャブレターのインテイクは、カーボン調の塗装をしてみた。

薄いベージュをベースに、台所の排水口ネットでマスキングして

濃いベージュを塗った後、エナメルのレッドブラウンでムラを出してる。


オイルや冷却水の配管は1.0mmと0.8mmのはんだ線。

なので、ちょっとでも触れると曲がるから、取扱注意!

Ferrariのロゴはぐちゃぐちゃ。

ほとんど見えてないんで、感で塗ってる。

ここは、ベースにシルバー塗って、その上からエナメルの赤を塗り、

ロゴのところだけ溶剤で赤を拭き取る方法が良かった。

エキパイや、アルミの保護シートには、焼けを再現。

アルミの耐熱シートは、実車もテキトーに貼ってあるんで

シワは気にしない。

↓↓↓実車



今回、塗装を終えたパーツには

全てクリアーを薄く塗って保護してる。

特にメタリックは、触ってるとエッジから塗装が削れていくので。

その分、本来の輝きは無くなるけどね。


次は、ボディの塗装について

使ったのはこれ。

専用塗料じゃないかと思うくらい綺麗な赤。

少し蛍光色っぽく見えるのが良い。

その代わり写真には反映させ辛い色。

この時点では気づかなかったが、エンジンカバー(上部カウル)だけ、

塗りが薄かったのか、他のパーツに比べて明るくなってしまった。

確かに、先端ボディーカウルは肉厚で内部からの光の透過も少ないからだと思ったし、

どのみち後でブラックを裏打ちするから良いか、と思ってたんだが

結果、色の差は解消されなかった。


エアブラシの口径が0.3mmなので塗り重ねるのに大変だった。

赤5回、クリアーは10回程度塗り重ねたけど

理想の厚塗りには至らなかった。


今回、研ぎ出しに活躍したのが、seriaで買った爪とぎ。

色付きの面が荒研ぎで、白い面がフィニッシュ用。

コンパウンド要らずで重宝した。


鏡面こんな感じ



デカールはスタジオ27とオリジナルの併用。

スタジオ27製はマークソフター塗って柔らかくしないと密着させられないけど

純正はマークセッターだけでフニャフニャになる。

↓↓↓先端のFIATがその影響で歪んじゃったぃ。

あと、リアウィングのデカール、

Marlboroのロゴの天地が治らない事態に。

これは、ウィングを立てた状態だということ、なのか?

他者の事例を見ても、こんなことにはなってないんだが…

さらに問題だったのがタイヤのデカール。

経年劣化で粘着力が落ちてた。

欠けや割れが酷く心が折れたが

1997製のF1マシンが展示されてて、その劣化までを再現した

っていうことにしよう。

写真じゃあまりリアルに写ってないけど

ボディ下面の木目調塗装。

ベージュを塗った後、オレンジ、ブラウン、薄めのブラックで塗装を溶かしながら筆塗りを重ね、

乾いた後にサンディング。

所々、地面に接した時にできる欠けも表現できた。


次はタミヤ製のシートベルト

なんとベルト部はコピー紙並の品質だった!

裏には接着剤が塗ってあるが、まぁ使えない。

折り曲げ過ぎると切れちゃうし、折り曲げたあとの接着には

木工用ボンドをつけなきゃ止まらんし、

最後の最後で老眼イビリの難関だった…。

金具のパーツ以外はサンカクヤで繊維買って代用した方が良かったなぁ。


で、今回のディスプレイは、エンジン周りを見せたいのと、

カウルの色が合わなかったということも合わせ、

カウルオープン状態で飾ろう。


ケースの納まりも良いし。





ということで、あとはギャラリーPHを楽しんでちょだい。











次は、この赤使ってサボイアつくるぞ。

特集